長期インターンシップが就職活動に有利な理由を徹底解説!

長期インターンシップが就職活動に有利な理由を徹底解説!

この記事では長期インターンシップと就職活動の関係性について解説します。
この記事を読むことで、長期インターンシップを経験することで得られる就職活動のメリットが理解できるようになります。

 

長期インターンシップを通して仕事の知見が増えることで、自己分析がすすむ

就職活動を始める際に、自己分析は最も重要です。なぜなら、自分の性格に対する分析と志望動機に対する分析が完璧にできていれば、採用面接で人事からどんな質問をされても、軸のある回答ができるからです。
長期インターンシップでは、社会人と同様に、仕事に取り組む機会が多いので、仕事の実体験をとおして、自分はどんな仕事がふさわしく、やりがいを持ち続けることができるのかといったことが判断できるようになります。
長期インターンシップの経験があると、経験に基づいた説得力のある志望動機を書いていくことができます。そのことが他の就活生に差をつける就職活動にも繋がります。

インターンシップ参加者

 

長期インターンシップを通して、就職活動で志望する企業を決定していく際に重要な3つの要素を理解していけるので説明していきます。
①職種の理解
②業界の理解
③社風の理解

 

職種の理解が深まる

仕事の役割分担として、企画職、営業職、エンジニア職など、様々な職種があります。しかし企業の方針によって、同じ職種だとしても異なる働き方があります。
例えば、BtoB(会社と会社の取引)とBtoC(会社と個人顧客の取引)での違い。
または、対面で商談する訪問販売や、テレアポから始めるインサイドセールスの違いなど。就職活動を始める前に、多少、大学の就職支援課やインターネット情報から職種の違いや多様性を知ることはできますが、その職種との自分の相性を判断することはかなり難しいです。インターネットの情報だけで、職種の判断をしてしまうと、盲目的な憧れだけで就職活動を始めてしまうケースがあります。

また、入社後に憧れの職種に配属されたのに活躍できないことや、希望していなかった職種で意外と活躍できるケースがあります。
長期インターンシップの経験から、自分がどのような働き方や環境、方針が合うのかを見極めた上で就職活動を進めていきましょう。入社後の仕事のしやすさや活躍に繋がります。


業界の理解が深まる

社会には様々な業界があり、販売する商品から、対象とする顧客まで、多くの違いがあります。また、商品やサービスの使用者と提供者、それぞれの立場から見る着眼点は異なります。例えば、ある業界の商品の使用経験があり、それだけの理由で、その業界を目指して就職活動をすると、志望動機と志望理由が薄すぎて、面接を突破する可能性は非常に低くなります。
長期インターンシップの経験をしておくことで、業界の理解や組織体制の理解を深めることができます。長期インターンシップを提供している企業の規模と実際にインターン生に任せる仕事の内容によって、業界理解や仕事のやりがいの理解度は若干の差がうまれるかもしれませんが、業界理解はかなり進みます。


社風の理解が深まる

長期インターンシップの参加中は、企業の社員さんと多くの時間、一緒に仕事をすることになります。長期インターンシップに参加している期間中に、社員さんと多く接することで、どんな人がこの業界やこの企業で働けるのかを積極的に質問することで、企業が求めている人材像を明確にしておきましょう。また、短期インターンシップとの違いでは、同じ企業のインターンシップに参加している就活生と一緒に情報交換をする機会も多く、様々な価値観に触れることができて、成長に繋がります。

社風は自分と合っているのか、自分の価値観と似ている社員さんや、尊敬できる先輩の社員さんがいるのかを確かめましょう。もし自分の価値観に合わない企業であったとしても構いません。気にせずに他の業界や企業を研究しましょう。大切なことはインターンシップの期間を有効活用して、自分が大切にしたい仕事の価値観に合う企業を明確にすることです。

 

 

長期インターンシップの経験が就職活動で有利になる

インターンシップ参加者



企業とのミスマッチを減らせる

長期インターンシップ中の仕事のミスは、自分の得意不得意な仕事内容の理解や、人間関係の不得意など、重要なキャリアパスを知る機会になります。長期インターンシップを通して就職活動におけるミスマッチを防ぐ確率が上がります。
ファーストキャリアの企業選びを失敗した場合の転職活動は簡単ではありません。転職活動では、前職で活躍したことや仕事で残した成果を問われます。着実にキャリアアップをしていく為にも、新卒での就職活動は万全の準備で臨みましょう。


内定直結の可能性がある

長期インターンシップを実施する会社は、インターンシップ参加学生に対して、特別選考ルート枠で内定を早期に出すことがあります。インターンシップ期間中のパフォーマンスが高いほど、内定を頂ける可能性が高くなります。
少なくとも本選考の際に、インターンシップ時に記録された評価は面接官の判断に大きく影響します。なぜなら、企業側も採用学生とのミスマッチを防ぎたいからです。企業の採用活動において、長期インターンシップでの仕事の評価は、大きく選考に影響します。
 

 

今回のまとめ

長期インターンシップを経験することで、自身の自己分析が進み、職種の理解、業界の理解、社風の理解が進みます。なので、企業選びの軸も明確になります。
時間にゆとりのある大学生はぜひ、長期インターンシップにエントリーしてみてはいかがでしょうか。
   
私達、Gutto(ぐっと)でも九州地区の学生限定で長期インターンシップの募集や、完全無料で就職活動のサポートをしています。九州で、Gutto(ぐっと)はインターンシップサービスにおいて有数の実績があり、これまで1000名以上の大学生の就活をサポートしています。
将来に対しての不安や悩みがある学生はGutto(ぐっと)の公式LINE@の登録をお願いします。こちらの公式LINE@ではインターンシップ&就活のお役立ち情報を配信しています。→https://lin.ee/vRfhKbp

将来に対しての不安や悩みがある学生はGutto(ぐっと)の公式LINE@の登録をお願いします。

こちらの公式LINE@ではインターンシップ&就活のお役立ち情報を配信しています。

LINEアイコン

Gutto就活サポートLINEに
登録する

TOP