就活で役に立つ!インターンシップで学べること

就活が有利になる、インターシップの活用方法を解説!

インターンシップを検討している学生必見!インターンシップに参加することで就職活動が有利になる理由を解説していきます。この記事を読めばインターンシップの経験が、どのように就職活動に役立つのかが具体的に分かるようになります。

インターンシップで学べること

インターンシップとは前回の記事でも紹介したようにURL
今回は就職活動を成功させている人が確実に参加しているインターンシップのメリットの説明やインターンシップで学べることを特別に解説します。この記事を読めばインターンシップでの学びがどのように就職活動に役に立つのかが完全に理解できるようになります。

その会社で求められる能力が分かる

インターンシップに参加することで、インターンシップ先の社員の人達と直接話せる機会が増えます。
社員の人達にどういった能力が求められるのか、どういった社員が活躍しているのかを積極的に質問することで、その会社で求められる能力を明確にすることができます。
仕事のやりがいや、つらいことなども実際に質問してみましょう。

インターンシップを通して希望している業界や企業が、自分の能力や適性にあっているのかを確認することは非常に重要です。
入社して活躍ができなかったり、仕事が自分の適性に合っていないとモチベーションが下がり仕事のパフォーマンスが落ちる原因になります。転職をしようと考えても、市場価値の低い人材になっている可能性もあります。



自己分析が進む

実際にインターンシップ先の業務に取り組んだり、グループディスカッションに取り組むことで自身の長所や短所を見つめ直すことができます。 また、インターンシップ先の学生サポートを担当している人事から、フィードバックや評価をされる機会もあるので、自分では気づけていなかった長所や短所を発見できることもあります。自身の長所や短所が明確化されることで、自分が将来活躍できそうな業界や業種が選びやすくなります。

自己分析がしっかりとすすむことで、自分の大切にしたい価値観が明確になり、企業選びの軸が定まります。また自己分析がしっかりとすすむことで面接の対策にも繋がります。面接官の質問に、自分の価値観や人間性に照らしあわせた回答ができることで、テンプレートのような回答ではなく、自分の言葉でしっかりと回答ができるようになります。

業界、企業分析が深まる

インターンシップに参加するとで、人事や社員に直接質問ができるため、インターネットや本などの二次情報では得ることのできない情報を収集することができます。 特に1dayなどの短期インターンシップでは、人事担当者から業界説明や企業説明が多いため、業界の中での立ち位置や、1dayインターンシップに参加した企業の、業界の中での強みや特徴などを詳しく把握することができます。 また、企業分析をしようとホームページを見ても、いいことしか書いていないので判断がしづらいです。 インターンシップに参加して、一次情報を取りにいくことで有益な情報を収集することができます。

インターンシップに参加することで、インターネットや本で企業研究をするよりも企業理解がすすみます。どの業界、企業が自分に一番合うのかを確かめる機会になります。 実際の職場を見学することで、自分と合いそうな職場なのかをしっかり確認しておきましょう。

就職活動の練習になる

インターンシップを通して社会人と話す機会が増えることで、就職活動の面接対策の一環になります。大学の友人と話す言葉と社会人と話す言葉では、言葉の使い方が異なってきます。インターンシップに参加することで、ビジネスコミュニケーションを意識して社会人と話す経験が増えるので、就職活動の面接にも活きてきます。 また、学生同士でのグループディスカッションがあるインターンシップもあります。 「新規事業を立案せよ」や「既存事業の売上を2倍にする方法を立案せよ」など実践型のインターンシップです。就職活動の本選考でもグループディスカッションを導入している企業は多く、インターンシップで事前にグループディスカッションを経験しておくと、本選考に緊張せずに臨めるでしょう。

主体性をもち、どんどん質問を社会人にしていきましょう。インターンシップを通して社会人と話すことに慣れておくことは非常に重要な経験です。 また、グループディスカッション対策も万全に準備しておくことで、企業の人事に自分をPRできるチャンスになります。人事の目にとまれば特別選考フローで本選考を受けれることもあるので、しっかりと準備したうえでインターンシップに参加することをオススメします。



社会人基礎力が身に付く

長期インターンシップに参加すると実際に社会人と同じ環境で仕事に取り組むことになります。インターン生を重要な戦力として期待している企業もあり、営業やマーケティング業務、新規事業の立案などの業務を経験することもできます。
実務をしっかりとやり抜くことで、学生のうちに社会人基礎力を身につけることができます。

長期インターンシップを通して社会人基礎力を身につけることで、就職活動の面接でアピールできます。長期インターンシップで実務経験をつみ、実績や成果を残すことで企業も、自社で活躍してくれるイメージを持ちやすくなるからです。
また、学生時代に長期インターンシップの経験を通して成長していれば、入社した会社で同期よりも先に成果を残せる確率が高まります。入社後の活躍も見据えて、学生時代に長期インターンシッの経験をしておくのもオススメです。



就職活動仲間との人脈形成ができる

インターンシップに参加している、他の大学の学生と繋がりができます。お互いに就職活動の情報を共有したり、面接の対策やフィードバックなど高めあえる仲間と出会えることも。

インターンシップでの仲間との出会いが就職活動の成功の確率をあげます。出会いを大切し、情報交換を積極的にしてみてください。

今回のまとめ

今回はインターンシップで学べることについてまとめさせていただきました。
記事に記載したとおり、インターンシップで学べることは非常に多くあります。この記事を読んでいただいた人が、インターンシップ制度を有効活用して、将来の夢を叶えていくことを願っています。

私達、Gutto(ぐっと)でも九州地区の学生限定で長期インターンシップの募集や、完全無料で就職活動のサポートをしています。九州で、Gutto(ぐっと)はインターンシップサービスにおいて有数の実績があり、これまで1,000名以上の大学生の就活をサポートしています。

将来に対しての不安や悩みがある学生はGutto(ぐっと)の公式LINE@の登録をお願いします。こちらの公式LINE@ではインターンシップ&就活のお役立ち情報を配信しています。→https://lin.ee/vRfhKbp

将来に対しての不安や悩みがある学生はGutto(ぐっと)の公式LINE@の登録をお願いします。

こちらの公式LINE@ではインターンシップ&就活のお役立ち情報を配信しています。

LINEアイコン

Gutto就活サポートLINEに
登録する

TOP