九州産業大学 大野紳弥

1なぜ1年生からインターンシップを始めた?

私がインターシップをはじめようとしたきっかけは起業をすると決めたからです。私も最初はふつうに飲食店でバイトをしていました。しかし将来今してることが役に立つのかを考えた時に重要度が低いと思い、先輩からCGCを紹介してもらったのがきっかけです。1年生から始めることで2年生から始めようとする人よりも多くのことを知り成長できると思ったからです。

2学校との両立は?

現在、九州産業大学の建築都市工学部建築学科  に通っています。単位の方は前期、後期共にフル単位で2年生に進級することができました。私は学校が終わった後にそのまま営業活動をしています。最初、両立は大変だったけども仕事の生産性を高めることでしっかりと学業とインターンシップを両立し活動できています。

3どんな学生になりたい?

私は何事にも挑戦し続ける学生でありたいです。挑戦することで失敗する事もあります。失敗した時は考え解決策を見出すことで、壁を乗り越えていくことができます。CGCでは失敗しても考えることが出来、それを助けてくれる先輩がいます。CGCの先輩方から沢山のことを学び、この環境でどんどん挑戦していきたいと思います。